絵本「ぱくぱくランド」

Pakupaku_000

テーマパーク型のレストランへようこそ!「食の喜び」をテーマにしたオリジナルの絵本です。子供の夢をいっぱい詰め込んでみたつもりです。サンドイッチ、カレー、スパゲッティー、オムライス…ゼリー、プリン、ケーキ… たらふく召し上がってください♪


絵本「ぱくぱくランド」

Pakupaku02
ここは もりのなかにある、おいしいレストラン。ケイくんと メイちゃんは、おさらの くるまに のりこみました。
「あー おなかすいた。いっぱいたべるぞ!」
「ぱくぱくランドへ ようこそ!さあ、まんぞくいくまで おめしあがりください。」


Pakupaku02

まず さいしょに やってきたのは、サンドイッチのもりです。
「いっただっきまーす。」
「はむっ!むしゃむしゃ。ふっわふっわで、シャキシャキするね。」


Pakupaku03

サンドイッチのもりの さきには、ごはんの どうくつが ありました。
「クンクン。いいにおいが するぞ。
このおくには、どんなおいしいものが あるのかな?」
「こわーい。おにいちゃん。」

「だいじょうぶ、はいってみよう。」


Pakupaku04

どうくつに はいると、カレーがどんどん ながれてきました。トローリトロトロ。
「ほっ、あつつっ。ちょっとからいけど、あまいね。」


Pakupaku05

カレーは いきよいよく ながれてきます。ケイくんと メイちゃんが 「ながされる!」とおもったときの ことです。ケイくんは あたまの うえで なにかが たれさがっていることに きづきました。
「よし、このつたを つたって うえに いこう。」


Pakupaku06

ごはんの どうくつの うえには、スパゲッティーの いずうみが ひろがって ました。そらから スパゲッティーが つぎつぎに ふってきます。クルクル、ツルンッ。むしゃむしゃ。ふたりは おおよろこびです。


Pakupaku07

と、そのときです。ポンッ ポンッ ポンッ ポンッ!ちかくの やまが ふんかして、たくさんの ミートボールが とんできました。
「わーあぶない!」


Pakupaku08

「くっ、まけるものか。たべつくしてやるぞ!」
ケイくんは ミートボールに たちむかいました。
「あつつっ。でも、やわらかくてジューシ~!」
メイちゃんは、たべて おどろきました。ふたりが むちゅうになってとったり たべたりしていると…


Pakupaku09

ツルンッ!ケイくんと メイちゃんは、スパゲッティーの たきから すべりおちて しまいまいました。
「うわああああ…」
バッチャーン!!


Pakupaku10

「ゴボゴボ、ガボガボガボ…。」
「ん?あまいぞ。これは オレンジジュース?」


Pakupaku11

「ぷはあ、のみすぎちゃったよ。」
すいめんから でると、そこには ジュースのいけと ゼリーのだいちが ひろがっていました。


Pakupaku12

ツルツルンッ。プルリンッ。
「どこをたべても つめたくて あまいね。」
ふたりは ゼリーとプリンのおかを いきよいよく すべっていきました。すると…


Pakupaku13

めのまえに ケーキのやまが あらわれました。
「いくぞ、メイ!」
「うん、おにいちゃん!」


Pakupaku14

ぱくぱくぱくぱくぱくぱくっ。
「うまい!!!」


Pakupaku15

ケイくんも メイちゃんも、おなかいっぱいに なりました。
「ごちそうさま!とても おいしかったね。」
おしまい。


 


         
関連記事(一部広告を含む)
PAGE TOP