工作・クラフト「ハロウィンとクリスマスのリース」を作りました。

Wreath002

造花フェルトを使って季節のリースを作ってみました。100円ショップにある素材で簡単に作成できます。


リースを作るのに必要なもの

Wreath003

用意するもの

<①イラストレーションボードB4 ②レプリカの葉 ③フェルト ④キーホルダーの留め金 ⑤リボンとタイ ⑥糸 ⑦コンパス ⑧ハサミ ⑨穴あけパンチ ⑩キリ ⑪不透明水彩の絵の具 ⑫両面テープ ⑬ボンド>

※①ユザワヤなどの画材店にあります。

※②100円ショップに季節ごとに様々な葉がおいてあります。


リースの作り方

Wreath004

イラストレーションボードいっぱいにコンパスで円を描いて、ハサミで切ります。円形の端に穴あけパンチで穴を空け、糸で結んでキーホルダーの留め金をつけます。


Wreath005

不透明水彩の絵具で、ボード全体に色を塗ります。ムラがなくなるよう、二度塗りしましょう。


Wreath006

両面テープをレプリカの葉の裏につけてから、表面のテープを剥がし、ボードに貼っていきます。


Wreath007

不透明水彩の絵具で、ボードに絵や字などを描きます。今回はお洒落な飾り文字で「Happy Halloween」と描きました。視認性を考慮して、明度の低い背景には明るい色を、明度の高い背景には暗い色を使いましょう。


Wreath008

フェルトを切り貼りして飾りパーツを作り、リースの周囲にバランス良く貼り付けます。ボンドで接着します。


Wreath009

ボードにキリで穴を2つ空け、リボンのタイをそれぞれ通して裏で結びます。


Wreath010

ハロウィンのリースの完成です。秋のイメージなので、色は主に、黄色・オレンジ・赤・茶色を選びました。また、暖色が映えて見えるように、寒色の紫を背景色に使ってみました。


Wreath011

クリスマスのリースも作ってみました。赤と緑のクリスマスカラーをメインに、雪の白を加えてみました。いかがでしょう?こんな感じで、春&夏バージョンのリースも作って、季節ごとに飾り替えてみたらとてもお洒落かと思います。テイストが異なりますが、イラストラインストーンを組み合わせた「エイミーの四季のリース」も4点作成してみましたので、「絵画・イラスト」の方で参考にしてみて下さい。


リースは造花やブリザードフラワーで作るのが一般的ですが、しまう時にとてもかさばるので、場所を取らないものを考えました。でも程よくリアルでオリジナリティーの出せるものをと思い、この形になりました。リースは本来、魔除けや豊作の祈りなどを込めて作ったものだそうです。みなさんも幸せを願って作成してみて下さい!

 


         
関連記事(一部広告を含む)
PAGE TOP