LINEスタンプの作り方

2017-Line-stamp01

エイミーのLINEスタンプを作ってみました。ラインスタンプは、誰でも自由に作成することができて、みんなに自由に使ってもらうことができます。スタンプの絵や仕様などで細かなルールがありますが、それらをクリアすれば自由に表現できて楽しいです。スタンプを作ってみたい方はたくさんいると思うので、制作手順をご紹介します。

2017-Line-stamp02

イラストを描く

アナログかデジタルツールで絵を描きます。今回は、絵本チックなテイストにしたかったので、紙にクレヨンで描きました。そして40個描きました。販売するスタンプの個数は、8、16、24、32、40個のいずれかでよいようです。ユーザーの様々な使い方を想定して、色んな表情のエイミーのイラストを用意しました。同じテイストのキャラクターを使って、全部違ったイメージを用意するのは大変でしたが、喜怒哀楽…いろんな表情のエイミーを表現できたかなと思います。なかなか生き生きとしているでしょ♪


2017-Line-stamp03

デジタルツールで画像を加工する

スキャナーでイラストを取り込み、Photoshopで加工しました。アイコンのサイズが、370pixel × 高さ320pixel以内になるようにします。余白の背景は透明になるようにしてから、PNG形式で保存します。(エイミーのLINEスタンプの背景はカクカクした白い部分をあえて残していますが、Photoshopの消しゴムツールで背景を完全に消すことも出来ます。)

画像加工ソフトをもっていない方は、スマートフォンでCreators Studioアプリ(無料)をダウンロードすれば、画面上で直接イラストを描いたり、画像のトリミングを行うことが可能です。同じ作業を40個行うので、ちょっと手間がかかりました

スマホ1つでかんたん作成! LINEスタンプ作り方手帖

新品価格
¥1,404から
(2017/9/4 18:07時点)


審査を受ける

クリエイター登録して、作成したデータを申請します。販売仕様に合っているかどうかのチェックをしてもらいます。テキストや画像に不備があった場合は連絡をもらえるので、修正を行った後、再申請します。審査を通過すれば、販売を始められます。審査期間はおよそ一週間くらいでした


販売する

スタンプの価格は自分で設定できます。販売開始すると、最初はwebの最初のページの方に自分のスタンプが掲載されるのでみんなの目につきやすい状態となりますが、日増しに…大量にある他のスタンプに埋もれていきます。。なので、販売するにはセールス活動が重要になってきます。

作って売ろう! 10ステップでできるLINEスタンプ ~LINE Creators Market攻略ガイド~

新品価格
¥1,274から
(2017/9/4 18:09時点)


今回作成したのは普通のスタンプですが、アニメーションスタンプも作成できるし、着せかえ画面を作成して販売することも可能です。着せ替えの方は、用意する画像数も多いので大変そうだけど…面白そう。いずれ、エイミーの世界観で作ってみたいと思っています。

エイミーのLINEスタンプ→こちらで販売しています。

楽しく使ってみて下さい!


         
PAGE TOP