絵本「ワオくんのまち」

Wao-000

楽しい冒険&開拓の物語です。登場人物のお友達は、どんなものをつくり出すのでしょうか?個性的なお友達が集まって、最後にはどんな世界が出来上がるのでしょうか?


Wao-001

ぼうけんかの ワオくんは、おおうなばらで むじんとうを はっけん。


Wao-002
すてきな しまに おうちを つくって すんでみたものの… ひとりでいるのが さみしく なりました。

そこで、おともだちを しまに ごしょうたい。

すると、みんなも 「ここに おうちを つくりたい!」 と いいだしました。


Wao-003

つりが だいすきな ゴロくんは ふねの おうちを つくりました。

「いちにちじゅう さかなつりが できるぞ。」


Wao-004

おしゃれが だいすきな ピョンちゃんは、かさの おうちを つくりました。

「きれいな くさばなに かこまれて うれしいわ。」


Wao-005

たべることが だいすきな プウちゃんは、はこの おうちを つくりました。

「おいしい くだものを たくさんいれて おけるのよ。」


Wao-006
おんがくが だいすきな ウッキーくんは、とりの すの おうちを つくりました。

「とりさんたちと いつでも いっしょに うたえるよ。」


Wao-007

おともだちの おうちが できたあとに、ワオくんは みんなの おうちを つなぐ みちを つくって みました。

「これで、いつでも みんなの ところへ いけるね。」

にぎやかで たのしい まちの かんせいです。

おしまい


2017-Wao01

爽やかな南国の世界を、爽やかな色合いで描いてみました。「自然豊かな所へバカンスに行ってみたいな~自由にのびのびと暮らしたいな~」という気持ちで描きました。そして、「色んな場所を探検して色んなものを発見するは楽しいよね♪」と思いながら描きました。みなさん「こんな場所に住んでみたい~」と思うようなお家はありましたか?


制作手順は以下の通りです。

①鉛筆で下描き
②トレース台を使って色鉛筆で輪郭をトレース
③水彩絵の具で着彩
④デジタルで加筆・修正

色幅は広く使ってグラデーションを作って、ぼかしたりにじませたりしています。水彩絵の具は、輪郭部分がぼやけてインパクトが弱くなりがちなので(それはそれの良さもありますが)、所々で引き締まった色を使うのも大事かもしれません。


         
PAGE TOP