工作・クラフト「ステンドグラス風ウィンドウチャーム」を作りました。

window-charm002

黒い折り紙や画用紙カラーセロハンや透明おりがみを使って、窓に飾るウインドウチャームを作ってみました。太陽の陽を受けてカラフルに輝くおしゃれなチャームです。


ステンドガラス風ウィンドウチャームを作るのに必要なもの

window-charm003

用意するもの

<①黒い画用紙もしくは黒い折り紙 ②カラーセロハンや透明おりがみや透明度の高いおりがみ ③ラミネートフィルム ④糸 ⑤S字フックもしくは吸盤付きフック>

※すべて100円ショップで購入できます。透明おりがみはダイソーで販売されています。

用意する道具

<①はさみ ②糊 ③穴あけパンチ>


ステンドガラス風ウィンドウチャームの作り方

窓に貼りつけるオーナメントタイプ

window-charm004

黒い折り紙を四つ折りにします。②ハサミで模様を切り抜きます。③さらに折って切り抜いていきます。④折り紙を開きます。⑤裏側から、カラーセロハン透明おりがみを糊で貼り付けます。⑥表を確認します。


window-charm005

できたものをラミネートフィルムで挟みます。吸盤付きフックをつければ窓に飾れます。ステンドガラス風のチャームの完成です。


窓に吊るすモビールタイプ

window-charm006黒い画用紙を折ってはさみで模様を切り抜きます。モビールのようにくるくる回るチャームなので、表裏が黒い画用紙を使います。


window-charm007切り抜いた模様の部分に、カラーセロハン透明おりがみを糊で貼り付けます。色と色を重ねてグラデーションを作るときれいです。(透明おりがみは糊付けしづらいですが、ラミネートフィルムで挟むので大丈夫です。)


window-charm008できたものをラミネートフィルムで挟み込み、周囲を大きめにハサミでカットします。


window-charm009ラミネートフィルムの上下2箇所を穴あけパンチで穴をあけ、で繋げます。モービルのようにくるくる回るようにしたい場合は、糸を輪っかにならないように一本で止めるのがよいです。


window-charm010S字フックに出来た作品を引っ掛けて、カーテンレールに付けて完成です。太陽の光が差し込むと、いろんな色が綺麗に輝いて見えます。季節ごとに違ったデザインのチャームを作って飾るのもおしゃれですね!


工作・クラフト「花のモビール」を作りました。

工作・クラフト「ワイヤーアート」を作りました。

和風折り紙で「くす玉」を作る。


         
関連記事(一部広告を含む)
PAGE TOP