工作・クラフト「フォトフレーム」を作りました。

photoframe002

キラキラのラインストーンでデコレーションをほどこした手作りの写真フレームです。

フォトフレームを作るのに必要なもの

photoframe003

用意するもの

<①厚めの画用紙A3 ②厚めのプラ版A4 ③クリアポケットA4 ④Lサイズの写真2枚 ⑤ペン ⑥絵具 ⑦ラインストーン ⑧グリッターグルー(ラメのり) ⑨マスキングテープ ⑩キーホルダーチェーン ⑪カッター ⑫両面テープ ⑬ボンド ⑭接着剤 ⑮穴あけパンチ>

※①厚めの画用紙A3以外は、100円ショップで購入できます。ラインストーンやデコシールは、種類の豊富なSeriaで購入するのがお勧めです。


フォトフレームの作り方

photoframe004

A3の画用紙を半分に折って、フレームになる表の部分に下描きをします。奥の紙に写真2枚を挟んで飾るかたちになります。写真2枚の見え方とフレームの輪郭を意識してデザインを考えます。まずは大きめのラインストーンを並べながら、フレーム全体の模様を描きます。デザインは星と星座のイメージです。幾何学的な模様で構成しました。


photoframe005
油性ペンでペン入れをし、鉛筆の下描きを消します。今回はコピック用のペンを使いました。


photoframe006

フレームの不要な部分をカッターで切り取ります。奥の紙に写真をのせて見え方を確認します。写真に少しフレームがかかるとかっこいいですね。そしてフレームに穴を開けて下が見える部分を作るとさらにお洒落です。


photoframe007
写真は、紙にカッターで切り込みを入れて四つの角を差し込むことで固定します。


photoframe008
奥の紙全体を絵具で着彩します。濃い藍色をベースに様々な色を混ぜ、宇宙空間を表現してみました。


photoframe009
フレーム部分を着彩します。ラインストーンが映えるように、金や銀の絵具を多用しました。


photoframe010
フレームの裏側にしっかりとプラ版を貼り付けます。ボンドだと剥がれやすので、両面テープで貼るのがいいと思います。


photoframe011

フレーム部分にボンドでラインストーンを接着します。大きなラインストーンを付けて全体の大きなバランスをとってから、小さなラインストーンを細かく配置していくといいです。


photoframe012
グリッターのりで飾り付けをして完成です。ラメは入れ過ぎるとくどくなってしまうので、ポイントで入れていきます。


フレームと写真を挟んだ台紙を前後に開けば、置くことができます。写真を挟んだ後ろの紙が薄くて安定しない場合は、紙の裏に厚紙かプラ版を淵の部分だけ接着すればよいと思います。壁掛けしたい場合は、フォトフレームをクリアポケットに入れて包みます。クリアポケットの上部にマスキングテープを貼り付け、そこに穴を開けてチェーンを通せば、吊るして飾ることができます。

今回の作品は、写真にコラージュ的な装飾を施すスクラップブッキングにも通じていますね。みなさんも、様々なデザインのフレームを作って思い出の写真を飾ってみてください。

イラスト・絵画「9月のエイミー☆sapphire」を描きました。


         
関連記事(一部広告を含む)
PAGE TOP