イラスト・絵画「クジャク」をクレパスで描きました。

picture-peacock002

酉年の2017年もおしまい。名残惜しいですね。。せっかくなので今年最後に優美な鳥を描きたいと思い、クレパスで孔雀の絵を描いてみました。使用した画材はサクラクレパス ハイクオリティ 50色です。

サクラクレパス クレパス ハイクオリティ 50色 VP50N

新品価格
¥2,031から
(2017/12/27 22:08時点)

クレパスは油脂でできているので、ロウでできているクレヨンより柔らかく色がべったり付着するのが特徴です。しっかり塗ると油絵のような感じになります。混色もしやすいです。


ラフ画を描く

picture-peacock003
今回は、水彩画紙のシリウスA3を使用しました。孔雀のポーズと構図を決めてから、画用紙に鉛筆で軽くラフを描きました。(実は孔雀って飛ぶんですよね…鳳凰のようなシルエットで。)


下塗り

picture-peacock004

クレパス画の下地として、不透明水彩のアクリルガッシュを塗ってみました。濃淡をつけたり重ね塗りもできるし発色がいいので、アクリルガッシュを選びました。

picture-peacock005クレパスを画面全体に重ね塗りした後に、スクラッチアートの様に引っ掻いてアクリルガッシュの下地の色を出すことを念頭に入れて塗りました。上に塗る色は現実的な色にする予定なので、あえて下地は派手な色合いにしてみました。


細部を描く

picture-peacock006
クレパスで孔雀の固有色を塗っていきました。重ね塗りをして色に深みを出していきます。こちらの50色のパステル、発色が綺麗で鮮やかです。微妙に色合いの違うものがたくさん揃っているので、美しいグラデーションも表現できます。軽く塗るけけだとクレヨンと同じようなボサボサしたタッチになるのですが、力を入れて塗り重ねていくと色がピタッとくっついて滑らかな表情が出せます。


削って描く

picture-peacock007
削り取る」という表現を試みてみました。いわゆるスクラッチアートの技法です。先の尖った爪楊枝などで引っ掻いて色を落として地を見せると、絵に違った表情が出てきます。ボヤボヤ感の中に鋭いラインを入れると、絵が引き締まりますね。ロウでできているクレヨンで描いて削った方が、よりはっきりとした削り味が出るかもしれませんが、これはこれで。

スクラッチアート


完成

picture-peacock008削ったり重ねたりを繰り返しながら描いていくと…このように、油絵のような、パステル画のような、色鉛筆画のような絵が出来上がりました。色合いのせいか、タッチのせいか、何だか繊細で柔らかく…ぬるっとした感じの絵になりました。クレパスは、使いようによって様々な表現ができる奥の深い画材ですね。

Amazon

サクラクレパス クレパス ハイクオリティ 50色 VP50N

新品価格
¥2,031から
(2017/12/27 22:08時点)

楽天

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】サクラクレパス クレパス ハイクオリティ 50色 VP50N
価格:2976円(税込、送料無料) (2019/3/8時点)


楽天で購入

絵の画材を選ぶ
イラスト・絵画「黒鳥」を描きました。
イラスト・絵画「キツネ」を描きました。


         
関連記事(一部広告を含む)
PAGE TOP