水彩色鉛筆で様々なイメージを描く

2017-color-pencil-texture01

色鉛筆を使って、様々な模様や質感をパターン化して表現してみました。抽象的な画像からみなさんはどんな印象を受けますか?みなさんがきっと受けるであろうイメージをそれぞれ下に言葉で記してみました。

水彩色鉛筆で描いたイメージ画

2017-color-pencil-texture02

<さわやか・かるい・きよらか>

 

2017-color-pencil-texture03

<かたい・かっちり・ぎっちり・きつい・カチコチ>

 

2017-color-pencil-texture04

<あたたかい・やわらかい・ほんわか・のほほん>

 

2017-color-pencil-texture05

<さわやか・なごやか・きもちいい・ゆるい・サワサワ>

 

2017-color-pencil-texture06

<つめたい・カチコチ・ツルツル・キーン>

 

2017-color-pencil-texture07

<あたたかい・ぬくもり・ゴツゴツ>

 

2017-color-pencil-texture08

<すずしい・さわやか・かろやか・サァー>

 

2017-color-pencil-texture09

<つめたい・くらい・しずんだ・ザァー>

 

2017-color-pencil-texture10

<くらい・よどんだ・しずんだ・どんより・こわい・おそろしい・ドロドロ>

 

2017-color-pencil-texture11

<やさしい・やわらかい・あたたかい・うれしい・しあわせ・ほんわか>


いかがでしたか?形と色とタッチの違いで、無限の表現が生まれます。

まず。角ばった形状は固い印象になり、丸みを帯びた形状は柔らかい印象になります。

つぎは。色には、色相・明度・彩度の三つの要素があります。

色相 …青などの寒色系の色は冷たく、赤などの暖色系はあたたかい印象を受けます。

明度 …白・黄色・ピンク・水色などは明るく、黒・紫・藍などは暗い印象を受けます。

彩度 …鮮やかな色は明るく、濁った色は暗い印象を受けます。

あとタッチ。色鉛筆のボサボサしたタッチで塗ったものは、柔らかくあたたかい印象になります。シャープな線で描いたものは、冷たい印象になります。水彩色鉛筆の場合は、色鉛筆を水で溶かすとまた違った表情が出てきます。画用紙に色がペッタッと付着するので、固い感じを表現する時によいですね。逆に、シャープな線の中に水で溶かしたタッチが入ると、柔らかな印象になります。
みなさんも、目的に応じて様々な表現を試してみて下さい!


amazon

ステッドラー 色鉛筆 カラトアクェレル 水彩色鉛筆 36色 125 M36

新品価格
¥3,976から
(2019/9/16 14:32時点)

楽天


amazon

ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット TFC-WCP/36C

新品価格
¥1,370から
(2019/9/16 14:33時点)

楽天

 


水彩色鉛筆で絵を描く
色彩の基本~光と色の三原色、色相、彩度、明度を学ぶ~
時節に合った魅力的な配色アイデア
鉛筆のトーンとタッチ
絵の画材を選ぶ
透明水彩絵の具で絵を描く


         
関連記事(一部広告を含む)
PAGE TOP