工作・クラフト「手鏡」を作りました。

mirror002

ダンボールデコパッチペーパーアルミのシート(シールミラー)で作る手鏡です。ベースはダンボールですが、デコパッチを施し、絵の具を塗ってニスを塗れば、すごく頑丈なものになります。最後にキラキラのラインストーンをふんだんに使って飾りを付けました。


手鏡を作るのに必要なもの

mirror003

必要なもの

<①ダンボール板 ②デコパッチペーパー ③アルミのシート ④包装紙 ⑤グリッターのり ⑥ラインストーン ⑦アクリルガッシュ ⑧布のガムテープ ⑨コンパス ⑩ハサミ ⑪カッター ⑫ボンド ⑬セメダイン ⑭ニス>

※材料はすべて100円ショップで購入しました。ラインストーンはユザワヤで購入しました。

※③の代わりに鏡のシールミラーが手に入れば、是非そちらを使ってください。

光 どこでもミラー 粘着付 鏡 147×195×0.5mm DKM-1419

新品価格
¥397から
(2018/4/9 20:05時点)


手鏡の作り方

mirror004
ダンボール板に製図して切り取ります。同じ形状を二枚作って、ボンドで貼り合わせます。持ち手の太さや長さを考慮して作ってください。せっかくなので、宝箱に入るサイズで作るといいですね!


mirror005

デコパッチペーパーをちぎって貼ります。専用糊がない場合は、ボンドを水で溶かしながら使ってください。まずは手鏡のを覆いながら貼っていき、後から側面を貼ります。側面をガムテープで覆ってからデコパージュする方が、ダンボールのギザギザが目立たなくなってよいです。
デコパッチペーパーで小物をデコパッチする

 


mirror006

アクリルガッシュを上に塗って、全体の色調を整えます。ラインストーンを貼るので、光沢のあるアクリルガッシュ(金、銀、パール系)を塗るのがお勧めです。デコパッチシートは柄の濃いものが多いですが、光沢のある絵の具を塗って模様を抑えるといい味が出て、ラインストーンとよく合います。今回はうっすら模様が見える程度に色をなじませました。この直後、ニスを塗ります。


mirror007

鏡の部分に、丸く切ったアルミのシートを貼ります。手鏡の側面に、模様になるように切り取ったキラキラの包装紙を貼ります。


mirror008

手鏡の側面に、セメダインラインストーンを接着します。美しい配色・模様になるように工夫してください。


mirror009

ラインストーンの周囲をグリッターのりで飾りを付けたら完成です。ラインストーンを貼るだけだと味気ないのですが、ラメを付けると全体に統一感が生まれます。グリッターのりは、ラインストーンの鋭い輝きとデコパッチペーパーの台座をつないでイメージをまとめるものとして効力があると同時に、グリッターのりは飾りとしてだけではなく、ラインストーンと台座の隙間を埋める役目も担えるのでとてもお勧めです。


 

他にも宝箱シリーズの宝物の作り方をご紹介していますので、合わせて作ってみてください。

宝箱 …ラインストーンでキラキラ作品。金貨の作り方も記載。

ペンダント …ラインストーンでキラキラ作品。

コンパクト …ラインストーンでキラキラ作品。

ティアラ …ラインストーンでキラキラ作品。

剣と盾 …ホログラムテープでキラキラ作品。

 


         
PAGE TOP