手をデッサンする

2018-drawing-hand01

人物の「手」のデッサンをしてみました。手は形状が複雑だし、人体の肌の質感も難しいと思われがちですが、顔の表情と同じように豊かな表情を付けられるので、非常に楽しいモチーフです。手の描き方をご紹介します。


ポーズを考える

「手」は、「顔」と同じくらい様々な表情をもたせられるモチーフです。色んなポーズをとって描いてみましょう。でも、せっかく描くのですから、これはカッコイイ!美しい!と思えるポーズで描くのが大切です。今回は、グー(握った形)とパー(開いた形)の中間をとって、チョキの形で描いてみました。「手の甲」側よりも「手の平」側の方が、指の形状や皮膚の皴といった部分で変化に富み、描きごたえがあります。


輪郭をとる

ザックリと形状を捉えます。画用紙に対してどのくらいの大きさで入れるか天辺と下をどこまで入れるか等を考えて、アタリを付けてからさらっと輪郭を描きます。基本的に手は、腕は画用紙から切れていいけれど、指は画用紙から切れないように入れるのが基本です。


陰影をつける

光を意識して陰影をつけます。まずはチョキの手の大まかな形状をざっくり捉えます。デッサンは、「全体を大まかに捉えて→細部を描く」という流れが基本です。最初は細部にとらわれず、大まかに陰影をつけることが大事です。

2018-drawing-hand02

チョキの手は、①球体(手の平+親指+薬指+小指)②二つの円柱(人差し指+中指)がついている。なので、まずは球体二つの円柱として陰影で大きく捉えますその後、手の平+親指+薬指+小指といった細かい要素を描き込んでいきます。

「手」のモチーフに限らず、デッサンの作業の最初は、描きやすくて消しやすい2Bくらいの軟らかい鉛筆で全体を描くのがよいです。硬い鉛筆は、形の定まった後半から使っていきます。

YOHOOLYO スケッチ鉛筆 デッサン鉛筆 32点セット スケッチ用の鉛筆セット 初心者向けの鉛筆デッサンツール 美術系学生,子供や大人も適用な絵具

新品価格
¥1,799から
(2018/3/16 13:52時点)


シワなどの細部を描く

2018-drawing-hand03

シワの流れや皮膚の回り込みを意識したタッチを入れていきます。皴の角度や陰影の濃度を意識しながら、正しい立体感を出していきます。ふっくらしたところ、引き締まったところ、たわんだところ…色んな形状を描き分けていきます。


完成

2018-drawing-hand04

基本的に2Bの鉛筆で描きましたが、陰影の部分は、硬いH系の鉛筆で塗って画用紙のザラザラ感を押さえ、色を濁らせて落ち着かせました。逆に…光の当たっている部分は、擦ったり汚したりしないように気を付けて、画用紙の綺麗な白を保ちましょう。


 

2018-drawing-hand05

空想の人物の手を描く際は、自分の手を参考にして描くのが有効です。手だけのデッサン人形もありますが、生身の自分の手が一番参考になるモチーフです。好きなポーズをとった手を鏡に映したり写真に撮ったりして、それを参考にして描くのがよいと思います。


2018-painting-hand07

リアルで美しい手の描き方(着彩)

 

スミティ ( Smiti ) モデル ハンド 木製 女性サイズ ( 両手 )

新品価格
¥3,483から
(2018/11/12 12:22時点)

イラスト / デッサン に!! 木製 手 の マネキン! (24cm, 両手)

新品価格
¥1,860から
(2018/11/12 12:23時点)

マネキン人形の頭部と顔をデッサンする
デッサンを学ぶ
鉛筆デッサンに必要な道具
デッサンや着彩に必要な備品
鉛筆のトーンとタッチ
立方体をデッサンする
円柱をデッサンする
球体をデッサンする
静物デッサンで質感を描き分ける

※※※


         
関連記事(一部広告を含む)
PAGE TOP