絵を描く画材道具を選ぶ

2017-painting- materials01

描きたい絵のイメージが固まったら、今度は絵を描く道具選びです。自分の表現したいものに適した画材を選べるように、画材の特徴を紹介します。


▼目次
  1. クレヨン・クレパス
  2. パステル
  3. クーピーペンシル
  4. 色鉛筆・水彩色鉛筆
  5. 透明水彩絵の具
  6. アクリルガッシュ
  7. カラーマーカー(カラーペン・コピック)
  8. インク(&ペン)
  9. 墨汁(&筆)
  10. デジタルツール


    クレヨン・クレパス

    2017-painting- materials02

    非常に発色が良いので、強いインパクトのを生み出すことができます。細部を塗りにくいという弱点はありますが、かすれたタッチの表現ができます。ティッシュなどで擦れば、また違った味が出てきます。水彩絵の具はクレヨンをはじくので、それを効果的に使えば表現に独自性が出ます。クレヨンに似た画材に、クレパスがあります。クレパスは、クレヨン(ロウで固まった画材)とパステル(発色がよくて粉っぽい画材)の良さを生かした中間的な画材となります。

    イラスト・絵画「クジャク」を描きました。

    サクラクレパス クレパス太巻 ハイクオリティ 50色 VP50N

    新品価格
    ¥2,130から
    (2017/4/25 14:50時点)


    パステル

    2018-pastel02

    顔料の粉で描くので、擦れば、柔らかく淡いタッチの表現ができます。パステルは主にハードパステルソフトパステルに分かれます。パンパステルという新しいパステル画材もあります。

    パステルで絵を描く

    ムンギョ (mungyo) ソフトパステル 64色

    新品価格
    ¥1,170から
    (2018/12/3 12:31時点)

    ホルベイン パンパステル パールカラー6色セット 30062

    新品価格
    ¥4,514から
    (2018/12/3 12:33時点)


    クーピーペンシル

    2018-coupy-pencil06

    色鉛筆とクレヨンを合わせたような特色をもったペンです。クーピーペンシル発色がよく、クレヨンやクレパスよりも細かい描写ができます

    クーピーペンシルで絵を描く

     


    色鉛筆・水彩色鉛筆

    2017-color-pencil-texture01

    メーカーによって色の濃度が異なります。普通の色鉛筆は油性ですが、水で溶かすと水彩絵の具のような表現ができる水彩色鉛筆もあります。クーピーペンシルよりもさらに細かい描写ができます

    水彩色鉛筆で様々なイメージを描く


    透明水彩絵の具

    2017-painting- materials03

    にじみぼかしを美しく表現できます。絵具を垂らしたり、吹き付けたり、ティシュで擦ったり…様々な表現を生み出すことが可能です。しかし、色を塗り重ねていくと次第に色が濁ってしまうので、完成イメージを計算しながら描いていく必要があります。色幅の中で、画用紙の白が高彩度で高明度のためをいかに残して描いていくかということがポイントになっていきます。

    透明水彩絵の具で絵を描く

    イラスト「エイミーの春のリース」を着彩しました。

    イラスト・絵画「ももたろう」を描きました。

    イラスト・絵画「かぐやひめ」を描きました。


    アクリルガッシュ

    2017-painting- materials04

    不透明の絵の具です。ペンキのように、平面をムラなく一律に塗ることができます下絵の塗り重ねが可能なので、濃い色の上に白の絵具もしっかりと加算することができます。水彩絵の具のように強くにじんだりぼやけたりしないので、メリハリのある加筆表現が可能です。

    アクリルガッシュで絵を描く

    ターナー色彩 アクリルガッシュ 24色スクールセット AG24C 11ml

    新品価格
    ¥2,236から
    (2017/9/6 22:34時点)

    スポンサーリンク




    カラーマーカー

    水性/油性マジック、油性のコピック等あります。

    カラーペン

    2017-colorpen03

    水で溶ける水彩マーカーです。ペンタッチ筆タッチのペン先が上下に両方ついているものもあります。

    カラーペンで絵を描く

    コピック

    2018-copic01アルコール成分のカラーマーカーです。油性に属します。薄くて淡い色が豊富に揃っており、水彩画のようなにじみやぼかしなどの表現も可能です。

    コピックで絵を描く


    インク&ペン

    2017-painting- materials06

    繊細だけれどはっきりとした絵を描くことができます。インクペンで主線を描いてから固有色を着彩していくと、くっきりした絵になります。輪郭線の表現だけではなく、ハッチングを重ねて陰影を描いていくとデッサンのような重厚感を出すことも可能です。ボールペン画も同じです。割り箸の先を削って先っぽにインクを付けて描くのもこのパターンです。


    墨汁&筆

    2017-painting- materials05メリハリのある力強い絵が描けます。べタ塗りやカスレなどで、ダイナミックな表現ができます。水墨画のようなぼかしを生かしたり、いろんな色のインクで描いてみるなどしても面白いかも知れません。

    絵手紙を描く/書く


    デジタルツール

    Pikcy02-008

    Photoshopなどの描画ソフトを使ってパソコンで描きます。素材を重ねた表現、ライティングを施したような光の表現など、デジタルならではの特性を生かした絵が描けます。

    デザイナー必須の画像作成ツールPhotoshop

    イラスト・絵画「キツネ」を描きました。

    ▲目次にもどる


    画材にはそれぞれに良さがありますが、クーピーペンシル色鉛筆は、コンクールなどに出す絵画作品を描くに当たってはおすすめしません。理由は、色の付きが薄いからです。同じ絵でも、発色の強い絵の具クレヨンで描いた絵と比べると、薄い画材で描いた絵はインパクトで劣ってしまうからです。クーピーペンシルや色鉛筆は、イラスト作品に向いています

    絵画のコンクールで入賞を目指す

    絵の具の技法を使う

     


         
関連記事(一部広告を含む)
PAGE TOP